2013.03.10 Sunday
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | - |

2010.12.02 Thursday
11月の本

宣言通り(?)結構本を読みました!
刺繍やってたので予想よりは少なくなってしまったけれど、こんなものでしょう。うん。
無職なのに何やってるんだという突っ込みはしないでいただきたい。 

11/4 山本幸久 本当のうそ
11/14 山本幸久 床屋さんへちょっと
11/15 辻村深月 ツナグ
11/17 山本幸久 ある日、アヒルバス
11/18 上橋菜穂子 獣の奏者 1 闘蛇編
11/20 上橋菜穂子 獣の奏者 2 王獣編
11/22 上橋菜穂子 獣の奏者 3 探求編
11/23 上橋菜穂子 獣の奏者 4 完結編
11/24 上橋菜穂子 獣の奏者 外伝 刹那
11/28 上橋菜穂子 精霊の守り人

山本幸久さんは既存本は図書館にあるのは全て読みました。
なんとなく、あっさりしている感じが好きです。今後も読みたいと思います。
辻村作品は珍しく名前が関係ないお話でした。名前ネタにちょっと飽きていたので嬉しいです。内容も好き。

ハリポタの映画が公開しています。
私映画を1作品もみていないうえに、原作を3巻まで読んだけれどどうにも受け付けなかったので映画公開に興味なかったんですけど、同じくハリポタを受け付けなった友達から
「『獣の奏者』を読んでみなよ!すっごく面白いよ!!」と言われて読んでみたら、すっごく面白かったです。もっと早く教えてよ。
児童文学にありがちな、「主人公かわいそう・主人公にとっても都合が良い」というのがほとんどなく、大人が読んでもとっても面白かったです。
そんなわけでいっきに読みました。12月は上橋菜穂子作品を読みたいと思います。

 以下、どうでもいいハリポタのお話。


ハリポタ発売当初はまだ学生で、本屋でアルバイトしていたんですが、ハリポタの売り方って大変なんだよ!
普通新刊は少し多めに入荷して、落ち着いたら余分な冊数を出版社とか業者に返すんだけれど、
ハリポタは完全購入しなくてはいけないから、購入した分なんとしてでも売らないと赤字になる。
上下巻の本って普通は上巻の方が多く売れるんだよね。
それは上巻を読んで作品が気に入らなかった人は下巻を買わないからなんだけれど、ハリポタは必ず上下巻セットで売らないといけないと決められています。
上下巻がセットでビニールに包まれているのはそのせいです。他の本は上下巻一緒になってないでしょ?
今はもう違うのかもしれないけれど、そういう理由があってハリポタを売るのは大変なんだよ。


| ほん | comments(3) | trackbacks(1) |

2013.03.10 Sunday
スポンサーサイト

| - | - | - |
kagameさん、こんにちは。
読書家なんですね。本はこちらで手に入りにくいので
本が沢山読めるのうらやましいです。
日本に行ったら本屋さんで何時間か過ごすのが習慣になってるんですよ。
ハリポタ、本の発売の仕組みは初耳でした。そういう販売方法もあるんですね。
私はあまり興味がなくて読んだことないのですが、食わず嫌いは損かな?
断捨離、お互いがんばりましょう。^^
| stabilopen | 2010/12/03 2:59 AM |
stabilopen さん>
こんにちは。コメントはりがとうございました。
私の場合は比較的近くに図書館があるので、ラクなんですよ。田舎なのでJEの待ち時間とか暇なので、自然と本を読む癖がつきました。今の若い子たちは携帯などで時間をつぶすんだろうけれど、私が学生の時は携帯の通信料はかなり高かった時代なので、安くなった今でも携帯で遊ぶようなことができません。。。、

ハリポタの発売方法は各国に任せているため、そちらでは違うかもしれませんね。
日本の場合はかなり小さな出版社がハリポタを売り出したため、こういう販売店にとっては嫌な売り方をしたんだと思います。全部調べていないのでわかりませんが、そちらは3巻ぐらいまでだったら1冊にまとまっていたと思いますよ。
| kagame | 2010/12/04 1:31 PM |
こんにちは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。
| 藍色 | 2010/12/10 4:36 PM |









http://kagame.jugem.jp/trackback/365
床屋さんへちょっと 山本幸久
働くことを通してつながる、父と娘の物語。親から継いだ会社を倒産させ、その後再就職して働き続けた男と、そんな父の背中を見て働くことに夢を託すようになった娘。会社で、家で、時に床屋で交わされた二人の...
粋な提案 / 2010/12/10 4:30 PM


 
kagameの好きなことを中心に日常生活をダラダラかきつのる生存Blog。
(イザオリにはてしない愛がある)

Blogの中身は何一つ統一性がない。情報も遅いという、ある意味どうしようもないBlogです。


SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS